【手話技能検定5級合格!】勉強方法と試験前に知っておきたいこと

子育て/日々の暮らし

当記事ではアフィリエイト広告を利用しています

2022年3月20日、第55回手話技能検定5級オンラインで受験し、合格しました!

手話技能検定は手話の読み取りのみの試験です

そして手話技能検定5級は、初心者にとっては受けやすい級だと思います

そんな手話技能検定5級の勉強方法や、オンラインで受けた検定の実際について記載していきます

スポンサーリンク

初めての手話技能検定で5級から受けた理由

手話技能検定には1〜7級の段階があります

レベル必要単語・例文数勉強時間
5級単語数:200程度
基本例文数:30程度
6ヶ月(40時間)程度
6級単語数:100程度
動きのある指文字(濁音・半濁音など)
3ヶ月(24時間)程度
7級基本指文字50音1ヶ月(8時間)程度

6.7級は指文字のみ、5級からは指文字に加えて簡単な単語も含まれてきます

指文字は、自分で表現するのと、他者が表現しているものを読み取るのとでは、違う難しさがあり、初めは大変でした

私は日常会話に必要な単語を勉強したかったので、指文字+簡単なあいさつなどの表現が含まれる、5級からの受験を選びました

まずは指文字をゆっくり覚えたいという方は6.7級からでもいいと思います

指文字以外の手話表現も覚えたいという方であれば、5級からの受験でも勉強としては全然可能です

勉強時間と勉強方法について

勉強時間について

検定の約4ヶ月前から勉強を開始しました

毎日は勉強しておらず、隙間時間に10〜30分ほど動画を見ていました

テキストは2〜3日に1度、1時間程度読んでいました

テキストを3周した辺りで、全体の手話がしっかりと頭に入った感じがありました

テキスト

テキストはこちら

手話技能検定では、各級ごとに出題される単語が試験範囲として公開されています

その試験範囲の単語全てが載っているのがこの本です

そのため、この本を購入して勉強することが、1番の近道だと思います

テキストとしても、図解がわかりやすく、使いやすかったです

YouTube

YouTubeやInstagramなどの映像で手話を見ることは、覚える上でとても大切なことでした

特に見ていたおすすめのYouTubeチャンネルはこちら

指文字は初めてだったのですが、あ行か行などの行ごとに、指文字を丁寧に解説してくださっているので、とても覚えやすかったです

指文字は自分で表現できても、読み取りとなると難しかったりするので、読み取り練習を載せてくれているのもとても助かりました

また、指文字以外の手話も、ジャンルごとにわかりやすく、例題を交えて伝えてくださっています

5級レベルの手話がたくさん出てくるので、実践をイメージしながら練習することができます

Instagram

Instagramでは、上記で紹介したYouTubeチャンネルのこださんが発信している、#こだちゃん手話部や、#手話練習中 というハッシュタグをフォローして、手話をあげている方の動画を見ていました

毎日更新されている方もいるので、それを見ながら日々少しずつ勉強していきました

これらを見ることで、よく使われる手話がわかるようになりました

また、テキストで勉強した手話が実際に使われているところを見ると、頭に入ってきやすかったです

子育てしながらの隙間時間でしたが、日々動画を見て、たまにわからないことを調べるだけでも十分勉強になりました

オンラインで手話技能検定を受けてみての実際や感想

オンライン受験する媒体は?

今回私はPCでのオンライン受験をしました

スマートフォンでの受験と迷いましたが、着信などで画面が閉じられても、動画はストリーミング再生で進んでいくと記載してあったため、念のため今回はPCから受験しました

動画再生、回答入力共に、特にストレスなくスムーズに行うことができました

受験前に知りたかったこと

まず受験前に気になったことは、

  • 出題される動画に、口の動きは付くのか
  • 指文字を表現する速さはどれくらいか

ということでした

出題される動画に、口の動きは付くのか

口の動きは付いていました

もちろん選択肢には、口の動きが似ている選択肢も含まれているため、注意が必要です

指文字の速さはどれくらいか

YouTubeや Instagramで手話動画をあげられている方々よりも、ゆっくりで、十分読み取れるものでした

いきなり指文字が出てきた時は、少し焦って読み取れないのですが、2回再生されるため、落ち着いて読めば大丈夫でした

まとめ

勉強を始めた頃は、指文字が覚えられない!この手話がなぜこの表現なのかわからない!似た手話多すぎ!などと思うばかりで、なかなか検定の日までに習得できる気がしませんでした

ですが、実際に使われている場面を繰り返し見るうちに、少しずつわかるようになりました

5級はまだまだ初心者向けのためか、試験問題の手話自体もわかりやすく表現されていました

特に手話技能検定は、読み取りだけのため、YouTubeやInstagramなどの動画を見ることは、非常に効果的だと思います

この記事が、これから手話検定を受ける方、手話検定の受験を検討している方など、少しでも多くの人に役に立てば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました