【道の駅保田小学校新エリア】保田小附属ようちえんは子供の遊び場が充実!

子育て/日々の暮らし

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています

3歳と1歳の子供がいる我が家では、ドライブ先として千葉県鋸南町にある有名食堂「ばんや」→道の駅「保田小学校」が定番ルートとなっています。

子連れでのお出かけは、子供の受け入れやベビーカーの同線、授乳・オムツ替えの環境など気を使うことも多く、初めての場所へのお出かけは億劫になってしまいますよね。

小さい子供がいても安心の施設で、我が家でも何度も利用しています。

そんな保田小学校に2023年10月より新エリアが誕生しました!

その名も保田小附属ようちえん!

今まで以上に子連れで楽しめる施設となっていましたので、レビューしていきます!

スポンサーリンク

保田小附属ようちえんとは

千葉県安房郡鋸南町に位置する道の駅で、元小学校を改装したことで有名な道の駅「保田小学校」の隣に位置しています。

繋がっており、同じ施設が増設されたようなイメージです!

こちらは元鋸南幼稚園をリノベーションして作られています。

保田小学校にも少しばかり子供の遊ぶスペースがありました。

保田小附属ようちえんは、大きなプレイスペースが特徴で、小さな子供から楽しめる施設となっています。

今までは、親が「ばんや」に行くついでに寄っていた程度でしたが、今後はここを目当てにドライブに来ようかと思うくらいの変貌を遂げました!

後述しますが、無料で使えるのにかなり充実した遊び場です。

その他ドックランや有料の貸し会議室、コワーキングスペースなどが新たに併設されています。

千葉名物が楽しめるカフェや食堂

保田小学校と同様にいくつかの食堂が出店しています。

どれも特徴的なメニューで、鋸南町の名所である鋸山を模した「ダムカレー」ならぬ「鋸山カレー」や名物である黄金アジも楽しめます。

クロワッサンのスイーツのお店も美味しそうです!

外の広場では砂場や遊具で遊べる

まだ大部分は芝養生中で入ることが出来ませんでしたが広いスペースがあり、走り回って遊ぶことができます。

遊具や砂場もありここだけでも子供は楽しく遊んでました。

プレイカフェがオシャレ!はいはい期から楽しめる充実した遊び場がある!

室内にはオシャレなプレイカフェがあり、なんと無料で使えます。

非常にオシャレな室内で、遊具も独特ですが1歳の娘も3歳の娘も夢中で遊んでいました。

白を基調としたアーティスティックな雰囲気の遊び場です。

床はプレイマットになっており、柔らかいのではいはい期の赤ちゃんも安心です。

プレイマット内にはアイボがいます。

白い子と黒い子がいました。可愛いです。

気づいたら入れ替わっていたので、2匹同時に出るのかは不明です。

親からするとまったく遊び方がわからない遊具も子どもの自由な発想で遊んでました。

絵本も置いてあり、読み聞かせもできます。

ジブリ系の本も豊富に揃ってました。

プレイカフェ内にはハンモックもあります。

スムージー屋さんが同フロア内にあり、スムージーを飲みながらハンモックでくつろぎながら遊んでる子供を見ているなんてこともできますね!

その他

保田小附属幼稚園の敷地内にはオムツ交換台も用意されています。

綺麗な室内で清潔感があります。

そして何と新生児サイズ、sサイズは無料で使えます。

無料の施設なのにサービス良すぎます。。

トイレはプレイカフェ内にあり、子どもの便座も用意されています。

また、外のロータリーにもあります。

いずれも綺麗なトイレです。

プレイカフェの隣にお土産屋さんがあります。

お土産の他にプレイカフェ内にもありましたが、ダンボールのお家やキッチンを購入することができます。

まとめ

小さい子連れでのお出かけでは

  • 子どもが楽しめる場所があるか
  • 大人もリフレッシュできるか
  • アクセスが良いか
  • オムツ替えなどの環境

など、いろいろなことが気になりますよね。

今回紹介した保田小学校・保田小附属ようちえんは東京駅から車で約1時間とアクセスも抜群で、周辺施設も充実していることから子連れドライブにおすすめなスポットです!

皆さんの子育てライフの参考になれば幸いです。

このブログについて

このブログでは子育てに関して、今回の様なお出かけ情報以外に、インテリアを中心とした発信を行っています。

「子どもがいても理想の部屋を叶えること」を目標に情報発信を行なっていますので、よろしければご覧いただけましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました