【ロッテアライリゾート口コミ】オフシーズンでも子連れにおすすめのコスパ宿!

家族でお出かけ

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

1歳と3歳の娘をもつこちゃるです。

子連れでの旅行は

  • 大人だけが楽しんで、子どもが楽しめる場所がない
  • 子どもが遊ぶ場所がなく退屈する結果、大人が相手するか動画を見せることになる
  • 子どもの食べられるものが少ない

など、いろいろなことが気になりますよね。

今回、GWに同年代の子を持つ友人夫婦と新潟県妙高市にある【ロッテアライリゾート】に宿泊してきました。

トップシーズンはスキー、スノーボードシーズンになりますが、オフシーズンでも充実の館内施設とアクティビティで充実の施設でした!

東京から新幹線で1時間46分、新潟空港から車で2時間に位置する 新潟県妙高市。

都心からのアクセスも良いこの施設。

写真多めでレビューしていきます!

スポンサーリンク

ロッテアライリゾートの概要

お菓子メーカーとして有名なロッテですが、ロッテホテルとして数々のホテルを国内外で展開しています。

グローバルホテルグループ・ロッテホテル&リゾート公式サイト
シグニエル、ロッテホテル、L7ホテル、ロッテシティホテル、ロッテリゾートパッケージ、特別イベント確認。客室や付属施設の案内

日本では、シティホテルとして展開しているロッテシティホテル錦糸町を除けば、ロッテアライリゾートのみになります。

標高が高く、パウダースノーが楽しめることから冬季シーズンに非常に人気の施設ですが、5月でもスノーボードやスキーを楽しむことがでます。

5月にはホテル周辺には雪はほぼありませんが、そこからさらにリフトで登るため、5月でも雪が残っているようです。

実際に私たちが宿泊した日にもボード客を何組も見かけました。

後述しますが、冬季シーズン以外にも様々なアクティビティがあるため子連れで楽しめる施設になっています。

ちなみに、予約は一休.comをよく使っています

一休は、

  • ポイントが即時利用できる
  • クレジット決済だと更に安くなる
  • 口コミが見やすい
  • 空室カレンダーで料金が比較しやすい

以上の理由でよく使用しています

アプリ版は使いにくいので、ブラウザ版がおすすめです。

一休でロッテアライリゾートを予約する

じゃらん派の人はこちら▼▼

じゃらんでロッテアライリゾートを予約する

お部屋

今回4/29-4/30の1泊2日でスーペリアツインのお部屋に宿泊してきました。

今回予約したプランはこちら

チェックイン:15:00/チェックアウト:11:00

の割とゆったり目な時間設定でのんびりと過ごすことができました。

※部屋の写真を撮り忘れてしまいました。。

ただ上部の画像とほぼ同じです。

窓から見えるマウンテンビューが素晴らしく、綺麗で広いお部屋でした。

4人家族で、42335円と平日とは言え、GW期間としては非常にリーズナブルでした。

夕朝食のビュッフェと館内で使える2000円/大人のチケット(お土産やビュッフェ会場でのお酒の追加購入にも充てることが可能)込みでこの値段でしたので非常にお得だったと思います。

この金額のプランとしては非常に満足できるお部屋でした。

空調は少し弱め

気になった点としては、部屋の温度がかなり暑かったことくらいでした。

一番低い設定にしていても寝づらいくらいに暑かったです。

友人夫婦も同じことを言ってました。

空調が中央で一括管理されており、泊まった時は送風しか出来ないようでした。

子供用の貸出品が充実

子供用の貸出品も充実しており、オムツ用ゴミ箱/上り台/ベビーカー/ベッドガードなど一通り貸し出し可能です。

ベッドガードはどの宿も同じですが、ベッドサイドに差し込むタイプでした。

↓別の宿の画像ですが、こんな感じのベッドガードです。

我が家もそれが心配で、90°回転して寝ました。一番ヘッドボード側に次女、真ん中に妻、足元側に長女という体勢で就寝しました。

ベッドが動かせる施設であれば、ベッドを2つくっ付けて寝るのでこの工夫は不要なのですが、この施設は動かせなかったのは難点でした。

充実の館内施設

館内には下記、様々な施設があり大変充実しています。

大浴場やキッズスペースなどはチェックイン前後でも使えるそうです。

この情報があったため、15:00のチェックインよりも早い14:00頃到着したのですが、準備ができているからと追加料金なしで入れてくれました。

滞在中のスタッフの皆さんの感じが良いことに加え、こう言った融通の効くサービスがさらに満足感を高めてくれます。

館内にはサウナもついた大浴場(女性はミストサウナ)

星空温泉と名付けられた大浴場は日帰り入浴も可能な施設で、夜間にはライトアップと星空に癒されます。(宿泊時は残念ながら曇ってました)

露天風呂を取り囲む壁からは水が流れており、大自然の匂いと心地よい水のせせらぎの音でリラックス効果が高まります。

タオルは朝のみバスタオルの持ち込みが必要です。

その他の時間帯は宿泊客は手ぶらで入浴可能です。

オムツの外れていない子供は入浴不可です。

浴室内にベビーバスが用意されており(一つのみ)浴槽に入れなければ入場は可能です。

屋内プール

今回プールは利用しなかったのでレビューできませんが、綺麗なプール施設となっており次は利用したいと思っています。

キッズスペースも充実

キッズスペースがあることが、この宿にした決め手の一つでもあります。

広いスペースでとても充実したキッズスペースとなっています。

8:00-20:00まで利用可能です。

クッションやソファなどはロッテのお菓子をモチーフにした可愛いインテリアとなっています。

おもちゃも多くの種類が用意されており、子供たちは夢中で遊んでいました。

過去にはスタッフが常駐していたようですが、私たちが宿泊した際には無人でした。

おもちゃを舐めてしまった際の回収ボックスなどもなかったため、清潔が保たれているのかは疑問が残ります。

遊ぶおもちゃは除菌シートで拭いてあげたほうが良いかもしれません。

ディナービュッフェではロッテのお菓子も食べ放題!

夕食、朝食ともにビュッフェでした。

子供向けのキッズコーナーも用意されていて、メニュー的にも大人も子供も大満足の内容でした。

キッズコーナーにはコアラのマーチ、チョコパイ、パイの実などのロッテのお菓子があり食べ放題でした。

※写真はただのイメージです。

夕食時のお酒は当然別料金ですが、プランに含まれていた2000円チケットを使うことができました。

その他

無料で使えるフィットネスジム

15歳以上であれば使用できます。

シューズ着用が必要ですが、レンタルシューズをフロントで借りることができます。

卓球台

コインランドリー

お土産屋

新潟の名産品が購入できるお土産屋さんです。今回のプランでは大人1人あたり2000円のチケットが付いていました。

夕食時のワイン代に充てましたが、余った分はこちらのお店でお土産を購入しました。

部屋付けで支払うとチェックアウト時に2000円/人分割引になる方式です。

なのでこの手のプランを申し込む際は使わないと損ですよ!

バーラウンジ(営業日は限定的)

私たちが宿泊した日は営業日外でしたが日によっては営業しているみたいです。

周辺アクティビティも充実!

宿泊料とは別料金となりますが、ジップラインやチュービング、バギーなどのアクティビティが楽しめます。

バギーは小さい子供でも2人乗りなら楽しむことができますが、多くは4歳以上からのアクティビティが多く、今回は行うことができませんでした。

料金はそれなりにお高めで、例えばジップラインは13歳以上で3回2200円といった料金設定です。

一日中遊び放題で5000円/人のアドベンチャーパスがあり、こちらの方がお得かもしれません。

お子さんが4歳以上なら楽しめると思います!

アソビューでアドベンチャーパスを購入すると10%オフの4500円で遊ぶことができます。

アソビューのお得なプランはこちら

まとめ

【ロッテアライリゾート】は、子どもに優しく、アクティビティも充実した、コスパに優れた穴場の宿でした。

この宿の良かった点

  • キッズルームも充実していて小さな子供も楽しめる
  • 夕食、朝食ともに料理が美味しい
  • チェックアウトが11:00でゆっくりできる。
  • チェックアウト前後でも大浴場やキッズルームを利用できる。
  • 体験できるアクティビティが多く、幅広い年齢層の子供が遊べる。

この宿の気になった点

  • 大浴場にオムツ着用の子供は入れないが、ベビーバスなら可能。しかしベビーバスが浴室に一つしかない。
  • 部屋の空調が最も涼しい設定でも暑かった。
  • 4歳未満だと体験できるアクティビティが少ない

今回友人家族との宿泊でしたが、団体での宿泊や子連れに非常に向いていると思いました。

子供達が4歳以上だと更に楽しめそうなので、子供達が大きくなったら是非また利用したいと考えています。

この記事が、宿探しや旅の参考になれば嬉しいです。

このブログについて

このブログでは子供がいても泊まれる宿、楽しめるお出かけ先などの情報を発信しています。

またお出かけ情報以外に、インテリアを中心とした発信を行っています。

「子どもがいても理想の部屋を叶えること」を目標に情報発信を行なっていますので、よろしければご覧いただけましたら幸いです。

家族でお出かけ
スポンサーリンク
こちゃるをフォローする
この記事を書いた人

インテリアにハマり10年以上。最近では、友人宅の模様替えの相談にも乗っている。
2020年7月に長女、2023年1月に次女が誕生。

こちゃるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました